代表挨拶

「K&Bインターナショナル」が展開する10の事業は、全て「人」との出会いから始まっているように思います。

第一に立ち上げたレストラン事業は、現・取締役副社長、中辻利宏との出会いから始まりました。私が大学生のときにアルバイトで入ったホテルレストランが、その出会いの場所です。
中辻も私も、食べることが大好き。さらに、新しいことにしたいという意欲や、海外が好きという共通点もあって、出会ってからさほど時間をおかないうちに、未来について夜通し語り合えるほど、繋がりは強くなりました。

大学卒業後、私は一旦、公務員という道を選びました。公務員として5年間という時間を過ごした後、阪神大震災をきっかけに退職。アメリカ、ニュージーランドでの合計2年の生活を経て帰国し、ほどなくして「有限会社K&Bインターナショナル」開業に至ったのです。2002年のことでした。

その後も多くの方々とのご縁に恵まれ、出会いに刺激を受けて新規ビジネスを立ち上げてまいりました。ご縁の形は、「この方と組んだら面白いことができそうだ」というものから、「どうすればいい?」と相談されるケースまで、さまざま。新規ビジネスの中には、知人の困りごとを解決したいがために始めたものもあります。

その代表的な事例は、現在注力している海外進出・海外ビジネスサポート事業。
ベトナムで広い人脈を持つ宮崎氏と知り合ったことが、そもそものきっかけでした。ベトナムを愛し、熱く語る宮崎氏にすっかり影響されて、私自身がベトナムに惚れ込んでしまったところから、現在へと繋がる道が出来上がったのです。

仕事やプライベートに生き生きと取り組む魅力的な人がいるかぎり、当社の事業はまだまだ増えていくことでしょう。

これからも、「人」を第一とした経営で、世の中の困りごとを解決する一助となるべく、
社員一同精進してまいります。

有限会社K&Bインターナショナル
代表取締役 三枝 義和

私が三枝と共にK&Bインターナショナルを創業して今年で18年目を迎えます。
今年は日本の労働ビザの改正もあり海外からの労働者も増えてくると思います。我々も上海、ベトナムでの経験を生かして 、外国人と一緒に新しい形の日本料理のお店を作っていきたいと思います。
MBS「ちちんぷいぷい」では昨年以上に簡単で一工夫のある、視聴者が作りたくなるメニューを考えていきたいと思っています。皆様も是非一度、毎週火曜日16時10分前後に放送していますので、ご覧になって下さい。
最後に以前から我々の課題である、「大阪名物を作る」ですが、先ずは昨年末から進めている、いくつかの物販事業を早い段階で形にしていきたいと思っています。
皆様に喜んで頂ける商品を作っていきますので、楽しみにしていて下さい。

2019年もお客様、お取引様、スタッフ、そして私も含めて楽しい一年になる様、頑張って行きたいと思います。 

平成31年1月

K&Bインターナショナルグループ 
取締役副社長 
グループ総料理長  中辻利宏

2019年「亥」。
今年のK&Bインターナショナルはまた一つ大きな階段を昇るべく新たなプロジェクトに挑戦しております。
我々は、昨年の天災による厳しい環境下で取引業者様をはじめ、皆々様よりの暖かいお力添えのもと、下を向くことなく社員一丸となり前進することが出来ました。
これもひとえに皆様のお蔭であると感謝しております。
この場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございました。
先にも記述しましたように海外での新プロジェクト(ベトナム・タイ・カンボジア)の準備や新たな体制のもと、国内外ホテル・飲食事業をスタートさせております。
また、2025年には大阪万博の開催も決定致しました。大いに盛り上がりを見せる大阪で我々K&Bインターナショナルグループが皆様に必要とされる企業であり続けるためにグループ一丸となって本年も事業展開に取り組んで参りたいと思います。

本年も皆様の変わらぬご愛顧とご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

平成31年1月

K&Bインターナショナルグループ
事業統括本部長  今井淳一

PAGE TOP